FC2ブログ

雑然とした提案

 読者の皆様、こんばんは。
 面白前髪の精こと鼻渡亀蔵です。
 今日は皆様に雑然とした提案をさせていただきたく思います。
 僕の提案を受け入れた際には生きやすさ数十倍になること請け合いです。
 続きからご覧になるといいです。

 その前に、ちょっと待ってください。

 誰が鼻渡亀蔵やねんっっ!!
『汝、電車内で席を譲られたならば速やかに着座すべし』

 電車に乗っていると、よく車内でこんな光景を目にします。
 座っている若者の前に老人が立つ。
 若者はちらりちらりと老人と周囲を見比べたのち、中腰になって、
「あの、席どうぞ……」
 などと小声で述べる。
 すると老人がとても慌てたような態度をとって、
「いいのいいの! 大丈夫だから、ね? ほんとに! ありがとう~~ねぇ~~!?」
 老人はびっくりして大きな声を出しがちなので、周囲の視線が集まってしまい、若者はどことなく気まずくなってしまいます。とてもいいことをしているのにです。
 その結果、若者はどうしようもなくなって、逃げるように席を立ち、ドアの脇に立ってぼうっとしたりなんかして、実に悲しいことになります。
 老人は老人で何かしらのプライドなのか、信念なのか分かりませんが、意地でも席に座らんぞという顔をして立っていたりします。
 老人の目の前の席はもちろん空席のままで、誰も座ろうとしません。
 他にも座りたい人がいるはずなのに、全く無駄な席として使用不可能になってしまいます。
 僕はこういう状況が本当に嫌いです。

 ここで提案なのですが、誰でもいいので、譲られたらその人が座ればいいのです。
 たとえ次の駅で降りるとしても、全然疲れていないとしても、さっと座ればいいと思います。
 それが「譲った側に対する礼儀」じゃないでしょうか?
 若者だって本当は座っていたいはずですが、それでも「譲りたい」から「譲ってる」んです。
 老人、障害者、妊婦、どんな立場でもこの論理は変わりません。
 遠慮はむしろ譲った側を傷つけます。
 好意を無にし、その上騒ぎ立てて若者を所在ない気持ちにさせるのは、なんというか、非人道的だと思います。
 
 さて、次は譲る側についても提案します。
 誰かに席を譲ろうとして、拒否されたことがあるでしょうか?
 拒否されると悲しいし、恥ずかしいですよね。偽善者になったような気がして、嫌な気持ちになるかもしれません。
 一度拒否されると、「もう二度と席なんて譲るもんか」という気持ちが芽生えるかもしれません。(これは席の譲渡を拒絶されることの最大の弊害です)
 そんなあなたに、とっておきのテクニックを伝授します。
 とても簡単です。
 誰にも席を譲らずに、ただ席を立てばいいのです。
 ジジババは、こう言ってしまうと大変失礼なのですが、高慢なときがあります。席を譲られると、自分が「弱者」にされたような気がしてむかつくのでしょう。(誰もそんなことを思ってないとしても、です)
 だから、眼の前に席を譲りたい人が現れたら、
「声をかけずに席を立つ」ということをしてください。
 それだけで誰も恥をかかずに済みます。
 ジジババが何かわめいても無視してください。自分は席を立っただけだ、という顔をしていればいいのです。
 更に完璧を求めるなら、次のような行動をおすすめします。



完璧なムーヴ

 自分が乗っていた車両の隣の車両に移動すればいいんです。
 これは僕が実践している最強の席譲りムーブです。
 どんな相手にも確実に席を譲れますし、後腐れもありません。
 相手が座らない可能性もありますが、そのときにはきっと他の人が座ります。(譲りたい人に声をかけてしまうと、その相手が座らなかった時、周囲の人が萎縮して座らなくなります)
 感謝の言葉? いりませんね。コミュニケーション? 言語道断です。
 席を譲る相手は基本的に敵だと思っておけば問題ないです。
 その上で相手に一切気を使わせないという気概が必要です。
 譲る側としても、これくらいのことは考えるべきだと思うこともあります。

 最近では「席を譲ってもらうのが当然だ」という顔をして、例の赤いマークをカバンからぶら下げて、人の顔の前でゆらゆらさせるような輩がいますが(これは弱者という立場を利用した脅迫であり、最悪の行為です)、本当に座りたいのであれば「すみません、疲れやすいので席を譲って頂いてよろしいでしょうか?」と声をかけるべきだと思います。弱者アピールは逆に反感を買います。反感の声が高まると、思いやりという気持ちは消えます。
 世の中には「通勤電車で座っていたいから」という理由で引っ越しをしたり、あえてちょっと家賃が高くても職場に近いところに住んだりする人もいるんです。そうやって努力したり、対価を払ってやっと手に入れた席かもしれないものを無条件で貰っているということを、譲られる側は忘れてはいけないと思います。
 たかが席ですが、色々な感情が詰まっているんです。

 だので、譲られたらすぐ座るってのが、いいと思うんです。
 それだけで色々なことが、上手く回っていく気がするんです。

関連記事

コメント

非公開コメント

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

伏田竜一

Author:伏田竜一
かわいい物とかっこいい物が好き。
創作を取り上げると死ぬ。
転んでも泣かない。

アルバム

アルバム2

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: