FC2ブログ

食パンのような

日記です。
 小林泰三さんの『安楽探偵』読了。世辞抜きで大変素晴らしい小説だった。僕の『面白い』の基準を作った作家さんなので当然かもしれないけれど。
 とにかくリーダビリティの高い文章で、一冊3~4時間で読めるのもいい。『酔歩する男』とか難しい話は半年かけても読めないことがあるけれど、大抵の本は非常に論理的で笑っちゃうくらいグロテスク描写があって時々とんでもない展開があって、とにかく上手い作家だ。

 話は打って変わって私的なことになるが、今日リーダーに「俺にあんまり気を使わなくていいよ」と言われた。「確かに俺はリーダーだけど、そういう立場とか気にしなくていいから」
 この話に対する意見を圧倒的文圧で3007字書いたけれど面白くなかったのでお蔵入りさせた。
 リーダーの話しから推測した彼の言いたかったことは複数ある。

・遅刻が多い作業者に対する率直な意見を僕に求めた(自ら心を開いた主張をすることで僕を信頼していると印象付けようとした・負の意見を僕から引き出すことで気持ちの共有をはかった)
・遅刻が多い作業者に対するチームの総意を否定的なものに統一したかった(部下の遅刻を止められないとリーダーとして管理能力を問われるので)

 大体こういう感じになるだろうと思われた。
 時間をかけて考えてみると政治的な側面もある発言だと気づいた。
 コミュニケーションって難しいなあ。
関連記事

コメント

No title

はいでぃほー。

あらっ、どなたかと思えば「アリス殺し」の方ではありませんか。伏田さん読まれたことありますか?面白かったら読んでみようと思ってた本なんですよー!

そのリーダーの(恐らく)表面的な話からそこまで読み取れるアニキは聡明だと思います。
あんまりネガティブな受け取り方はしたくないけど、表面だけを受け取って隙を見せると痛い目に遭うこともあったりで、さじ加減の難しさはどれだけ経験を積んでも消えませんな。

ではでは、また!

No title

 hanacoさん、はいでぃほー。

 アリス殺しシリーズ、まだ読んでないんですよ!
 読みたいんですが、いつまで経っても文庫が出ないので待ち続けていますw
 しかしながら今、泰三さん熱が上がってきているので、勢いで買ってしまうかもしれませんが、そのとき面白かったらお伝えしますね!
 hanacoさんもお読みになりましたら、是非感想など教えてくださいな。

 最初、話を聞いた時は「全然気なんて使ってないんだけどなあ」くらいしか思わなかったんですが、ブログに書くために3時間くらい考え続けてたら、色々な解釈があることに気づきました。
 もっと心を開いてくれ~って部分もありつつ、俺は心を開いているんだぜ~って意味もありつつ、遅刻してるやつを追い出そうぜ~ってところもあり、総合して考えると「リーダーは大変だなあ」というところで落ち着きましたw
 そもそもちゃんと考えてみるとルパン三世に「待て~ルパ~ン!」と言うのと同じくらい「気を使うな」って発言は無理があると思うんですよ。

 "表面だけを受け取って~"
 そうなんですよね。これもあるんですよ。じゃあちょっと厳しい意見でも言ったろか~と思って頑張って態度変えるとキレてきたりする人がいますからねw 何が望みなのかは詳しく聞いてみないと分かりませんが、本当に心を開いてる人ならそもそも「気を使うな」とは言わない気もします。なので僕も気を使うなとは言わないようにしようと思いました! 

 コメントありがとうございました!
非公開コメント

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

伏田竜一

Author:伏田竜一
かわいい物とかっこいい物が好き。
創作を取り上げると死ぬ。
転んでも泣かない。

アルバム

アルバム2

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: