あたらしい夜明け


 三連休、いつの間にか終わっていた。
 振り返ってみると、結構何もしていなかった!
 そのちょっとしたがっかり感を読者の方々と分かち合いたい。

 三連休初日。
 月曜日だったので、僕の足は自動的に近所のイオンシネマに向かった。
 そこで『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』という映画を見た。
 ゲイリー・オールドマン主演の戦争映画――というか、ノンフィクション系政治映画というか、かつての英首相チャーチルさんの映画だった。面白かった。ゲイリーさんの演技が凄い。映画『ダンケルク』を見ているとなお面白いと思う。ダンケルクの救出作戦をチャーチルさんが決断する映画、といってもよいからである。
 その他には読書をちょっとしたくらいである。

 二日目。
 姉のパソコンを買いに行く手伝いをしていた。
 その他には、ちょっと読書をしたり文章を書いたりしていたくらいである。
 猛烈に眠くて、大半の時間寝ていた、と言ってもよい。
 仕事の疲れが出た形……というとまあまあ格好がつくかもしれない。

 三日目。
 樹海か福井県に行こうと思っていたのだけれど、朝早起きした時点でどこに行こうか迷っていて、迷ったまま再び寝てしまった。起きたら11時だった。
 過ぎたことを後悔しても仕方ないので、池袋を30分ばかり散歩した。わざわざ散歩するために池袋に行くというのも変だけれど、散歩ついでにクリスタのPROを買ってきた。一年のライセンスで2000円だった。これでいつでもお絵描きチャット以上のクオリティーで絵が描ける。楽しみだ。
 地元に帰ってきて、公園で本を読んだ。その時の絵を描いた。



0404.png





 公園で本を読んでいると鳩が様子を見に来て可愛かった。
 近づいてきたやつを鷲掴みして「とったどー!!!!」ってやりたかったけど、ひとりだと流石に通報されそうだと思ったので自重した。今度友達といる時にやりたい。
 家に帰ってきて少し絵を描いた。
 この間まで体験版をいろいろいじっていたので使い方はまあまあ分かっている。高度な機能はまだ分かっていない。
 絵を描いている最中は目が自分の絵に慣れているのでちゃんとして見えるけど、一日くらい時間を置くと笑えるできになっていることが多く、そういうのって凄い面白い。朝になって自分の絵をブログとかで見ると、ほんとに笑う。なるべくそうやって、嫌な気分にならなければいいなと思う。

 最近読んだ本は、
 舞城王太郎「NECK」
 伊坂幸太郎「あるキング」
 の二冊。

 どちらも大変素晴らしかった。
 特にあるキングの方は、最近の文芸界の主流を垣間見たような気分である。
 NECKはどうやっても舞城王太郎ワールドの外に出ない、どこまでも我の強い作品で、流石という感じ。普通に読んだら面白がれないと思うのだけれど、この世界にどうにか自分を慣れさせて行くとやっと読めるようになる、というのが舞城王太郎さんだと思う。

 今は「アサッテの人」という作品を読んでいる。
 一時期大変話題になったし、書店にも溢れていた。
 楽しく読んでいる。

 三連休は、全然大したことができなかったが、楽しかったから良いということにする。
 それにしても僕の絵はどんどん上手くなっていくなあ!
 困ってしまうなあ!
 あと二枚描いた。



サチカさくら




サーバルちゃん危機一髪


サーバルちゃんの方は「けものフレンズ」というアニメの二次創作です。
とてもおもしろいアニメです。
サーバルちゃんは、アニメではもっと可愛いです。


最後まで読んでくれてありがとう。


関連記事

コメント

非公開コメント